オウム教祖の死刑から考える「カルト問題」

下記の記事をクリスチャントゥデイさんに掲載していただきました。ありがとうございます。

皆さんも、ぜひお読みくださればとおもいます。
_____________


オウム教祖の死刑から考える「カルト問題」

統一協会元信者の手記で気付かされた「私の間違い」

2018年7月6日22時52分執筆者 : 溝田悟士

オウム真理教の教祖・麻原彰晃(本名:松本智津夫)死刑囚ほか、教団元幹部6人の死刑が執行されました。私が、オウム真理教、そして「破壊的カルト」の問題を考える上で、とても重要だと考えていることを、ここで書いておこうと思います。

ちょうど地下鉄サリン事件が起こった1995年春、私は、オウム真理教の本拠地であった山梨県上九一色(かみくいしき)村にほど近い、ある大学に入学しました。その大学があったのは、人口わずか3万人の小さな山間の町です。教会はプロテスタントの教会が一軒しかありませんでした。仕方なく、遠い所属教会に毎週行くことは諦め、そのプロテスタントの教会に通うことにしました。(続く・・・)


続きは次のクリスチャントゥデイのHPから読むことができます:https://www.christiantoday.co.jp/articles/25766/20180706/aum-shinrikyo-unification-church-cult.htm


d0389123_23575636.jpg

[PR]
by sinso_christianto | 2018-07-08 00:06 | 評論(クリスチャントゥデイ裁判) | Comments(0)