クリスチャントゥデイ「異端疑惑」の「背景」

日本のネットメディア・クリスチャントゥデイに「にわかには信じがたい」ような「偽キリスト信仰」疑惑が、もちあがっています。

それはクリスチャントゥデイの創立時代に「昔のよしみ」のある大学教授「張在亨(ジャンジェヒョン)さん」が「自分を偽キリストと信じさせている」と疑われているからです。

前回の投稿では、「崔三更(チェサムギョン)さん」という牧師が「強い権力」を使って、初期のクリスチャントゥデイに関係していた「張在亨さん」に対して「偽キリストだ」という「うわさ」を流し続けていた、とお話ししました。

d0389123_11285183.jpg
(中央が張在亨さんを偽キリストだと信じたと「告白」したイ・ドンジュンさん。
左がイさんの発言を「弁明」する崔三更さん。)

そして、2012年ごろその「崔三更さん」が「異端でっち上げ」を「指令」したとされる「本人の電話録音」がYouTube公開されるなど、韓国では大変な混乱があったこともお話ししています。


さて今回は、「崔三更さん」が「異端でっちあげ」をすれば「おいしい利益」があった「かもしれない」ということを、さらには、残念なことに「崔三更さん」自身も「異端」を疑われて失脚してしまったことを、お話しておきましょう。

2011年11月21日他人を異端で名指しし続けた「崔三更さん」自身が、自分が異端相談所の代表を務めた「韓基総」というキリスト教団体に、「異端疑惑」で「召喚」されてしまいました。

それとともに出てきたのはお金の問題。

明らかになったことが、異端を指定すればするほど、その対策費としてのお金が転がり込むというこのようなのです。

少なくともある一つの教会から、設立した団体へのお金の流れがあったことが明らかになっています。

>>
本紙に寄せられた情報提供によると、崔三更牧師が常任理事である<教会と信仰>はK教会から数年間にわたって4億ウォン余り相当のお金を授受した。 情報提供によれば、<教会と信仰>は「疑似異端対策費」とは、不合理な名目でK教会で、1999年度から2003年までの5年間数十回にわたって数億ウォンのお金を受け取った。
<<
d0389123_15301837.jpg
(崔三更さんが設立した「教会と信仰」に「補助費」名目で、1999年から2001年までの3年間、
毎月2万ウォンずつ計7千2百万ウォン相当の資金が流れ入ったと説明されています。)

d0389123_15302343.jpg
(2002年から2003年までは「疑似異端対策費」
という名目で毎月1千万ウォン相当が・・・)


これは一教会からの「物証」ですので、「うちはしていないよ!」とか言う教会が大部分であることを祈ります。
また、お金が適切に使われたのでしたら、何にもいうことはありません。

しかしまあ、「対策費」という名目でお金が転がり込む仕組みなら、なんでもいいから「ミソもクソも一緒」に「異端だ」、「カルトだ」と簡単に指名したの「かもしれません」。

そして多くの人が「直接」確かめもせず、「偉い先生が言うのだから、あれはカルトだ」とか、「本部から連絡が来た、だからあれは異端だ」と言い出し始めたの「かもしれません」。

「カルトや異端」の数が「指定されればされるほど儲かる」という仕組みがある、の「かもしれません」。

そして「言い出した偉い牧師さま」ご自身も「報復」されて「異端認定される」、なんて運命をたどったのかもしれません。

怖いですね。。。

。。。韓国のことはよくわからないですけど、こんなゲスな「他人の不幸をネタにした金集め」や「泥仕合」は、せめて日本のキリスト教会では起こってほしくないよなあ(輸入して来るなよ)、と思っています。。。

ですから、皆さんが耳にする「クリスチャントゥデイは異端だ!カルトだ!」という「うわさ話」も、こんなふうに

「捏造されたデマ」

なの「かもしれません」。

ですから、もっと詳しく十分に調べていきましょうね。

[PR]
Commented by 山猫 at 2018-06-03 21:48 x
お隣韓国では、キリスト教がなまじっか発展しているがばかりに、帰ってこの問題で、キリスト教会が変質してしまって権力を握ってしまう「悪い」姿が見えてきますね。日本の教会は、韓国の「反面教師」を生かして、純粋に発展していくことを願っています。それにしてもすごい調査力!敬服します。。
Commented by すごい調査力ですね(呆れ) at 2018-06-04 09:20 x
この機会に改めて韓国教会に確認いたします。「アンシクギョから1千万ウォン収賄」(Sミッション協議会のホームページの掲示板など)、「万民中央教会ジェロク牧師から4,800万ウォン授受」(同掲示板や複数の教会掲示板、ブログなど)、「文書宣教後援金という名目で、韓国の教会だけでなくても異端からも莫大な資金の支援を受け物議に上がった事があり、今も続い問題が提起されて大きな事件に発展する兆しだ」(クリスチャントゥデイ2009年10月21日付の記事)、「さらにチェモクサは、自分が非難したジェロク側から金品を受け異端と踊りもあった」(ロエン処置2011年10月2日付けの記事)などの「チェサムギョン牧師異端金品授受」の主張はすべて悪意を持って捏造された虚偽の事実です。当事者の主張もそう大韓民国捜査機関と裁判所も明らかに与えた事実だが、横に長くチェサムギョン牧師を見守った筆者もあえてと明らかに申し上げます。チェサムギョン牧師は今までどの異端から一銭の金品も地味な事実がありません。

この問題は崔三更牧師が異端から攻撃を受けたと言うことで結論しています。偏った情報を広めないでください。
引用しているのは全部嘘ばっかりのジャンジェヒョンの新聞ですね。あなたも異端の仲間ですか?
Commented by sinso_christianto at 2018-06-04 12:18
偏ってるのでしょうか。CCKはかなり大きいと伺っていますが、それは間違い?
Commented by sinso_christianto at 2018-06-04 22:19
なるほど、授受にかんする「複数の」疑惑があったということですね。多分、出納関係の証拠もあるでしょう。情報提供ありがとうございました。

>>この機会に改めて韓国教会に確認いたします。「アンシクギョから1千万ウォン収賄」(Sミッション協議会のホームページの掲示板など)、「万民中央教会ジェロク牧師から4,800万ウォン授受」(同掲示板や複数の教会掲示板、ブログなど)、「文書宣教後援金という名目で、韓国の教会だけでなくても異端からも莫大な資金の支援を受け物議に上がった事があり、今も続い問題が提起されて大きな事件に発展する兆しだ」(クリスチャントゥデイ2009年10月21日付の記事)、「さらにチェモクサは、自分が非難したジェロク側から金品を受け異端と踊りもあった」(ロエン処置2011年10月2日付けの記事)などの「チェサムギョン牧師異端金品授受」の主張はすべて悪意を持って捏造された虚偽の事実です。
by sinso_christianto | 2018-07-11 11:59 | 評論(クリスチャントゥデイ裁判) | Comments(4)