クリスチャントゥデイ裁判の「判決文」の「全体像」

インターネットメディア「クリスチャントゥデイ」さんは、「異端だ」「カルトだ」とかの「風評」が立ってしまったことで、10年ほど前にある牧師の方と裁判をされました。

対抗メディアである「クリスチャン新聞」の「根田祥一さん」という方は、この牧師の方を「事実上」支援しておいででした。

そしていまだに、「この裁判は半分は勝った。判決の「事実認定」だけを読めば事件の核心が認められたことがわかる」という趣旨のことを主張し続けておられます。

そこで、前回のブログ投稿では、このクリスチャントゥデイさんが起こした「過去の裁判」の「事実認定」部分だけを見てみようじゃないか、と「そのまま」引用をしました。

前回の投稿はこちら。根田さんの「正確なお言葉」もありますので見てください。
https://sinsochristiantoday.exblog.jp/26849853/

確かにクリスチャントゥデイに対しては、いいことは書いてない「ように読めます」ね。

それはそうですね。「事実認定」って「争点」のことなんですから。

私たちは「判決は事実認定部分だけ読んでもわかるわけがない!」と考えています。

そうかといって、判決文の全文を引用するのはやめましょう。
(持ってるけどね。見せないよ。)

そのかわり、ネットでも拾えるクリスチャントゥデイが公式に出した「文書」を引用することにしましょう。


では皆さま、よくよくご覧ください。

______________

平成26年2月26日
株式会社クリスチャントゥデイ

Y氏に対する訴訟の判決等について

当社が、救世軍少佐のY氏を相手方として提起しておりました名誉毀損を理由とする損害賠償等請求事件(平成20年(ワ)第10777号)及び仮処分命令申立事件(平成25年(ヨ)第4140号)につきまして、東京地方裁判所から判決(言渡日:平成25年11月13日)及び仮処分命令(発令日:平成26年2月4日)が下されましたので、下記のとおりお知らせいたします。



東京地方裁判所は、損害賠償等請求事件の判決において、Y氏のブログ中、以下のものを含む主要な46箇所の表現について、いずれも当社の名誉を毀損するものであり、真実ではないと判断し、Y氏に対し、これらの表現の削除を命じるとともに、合計95万円の損害賠償金の支払いを命じました。

(名誉毀損とされたY氏の表現(主要なもの))
× 当社が“張在亨氏が「来臨(再臨)のキリスト」である旨の教義を信奉している”
× 当社が“統一教会の派生団体ないしダミー団体の疑いがある”
× 当社が“従業員に対してマインドコントロールを行っている”
× 当社が“カルト団体である”


この判決を受けて、Y氏は、控訴を断念することを表明し(判決は確定)、即日、名誉毀損とされた表現を削除するとともに、損害賠償金121万5348円(遅延損害金を含む)を当社に支払っております。

なお、上記判決において、結論として名誉毀損が認められなかった表現についても、その大半は、比較的些末・抽象的な表現が“名誉毀損の程度に達していない”との理由で排斥されたものであり、表現内容が真実と認められたものは殆どありません。したがいまして、当社としては、上記判決は、実質的に当社の全面勝訴に近い内容と判断しております。

Y氏は、上記の判決後も、削除が命じられた表現と同一または類似の表現による名誉毀損をブログ上で継続していたため、当社は、さらに26箇所の表現について、ブログへの掲載禁止を求めて仮処分命令の申立てを行いました。これに対し、東京地方裁判所は、当社の主張を全面的に認め、Y氏に対して同表現を掲載してはならないとの命令を下しました。当該名誉毀損表現についても、既にY氏のブログから全て削除されております。

以上の、Y氏の行為の違法性を明らかにした一連の司法判断を踏まえ、当社は、Y氏に対し、猛省を促すとともに、今後同様の行為を繰り返すことのないよう強く求める所存です。

以上
______________

なんと、裁判で終わりではなかったんですね!
仮処分の申し立てもして認められていたんです!

そして、何が名誉棄損に当たったのか、についてまとめてあります。

(名誉毀損とされたY氏の表現(主要なもの))
× 当社が“張在亨氏が「来臨(再臨)のキリスト」である旨の教義を信奉している”
× 当社が“統一教会の派生団体ないしダミー団体の疑いがある”
× 当社が“従業員に対してマインドコントロールを行っている”
× 当社が“カルト団体である”

これらの表現は、はっきりと違法と言われています。

私たちも「判決文の全体」を読んだ限りでは、この通りだと思います。

ですから読者の皆さん。

「クリスチャントゥデイは偽キリストを信じている」
「クリスチャントゥデイはカルトだ」
なんて「大した根拠」もなく「平気で言ってる」なら、

「そりゃアンタ、かなりヤバイよ」

ってことです。

そんなことをふだんから言ってるんなら、今すぐにでも考え直した方がいいです。

「根田祥一」さんの署名のある「クリスチャン新聞」も、「タイトルはどうあれ」一応そう報道しているように見えるんですがね。(赤い線で引いたところ)

http://クリスチャン新聞.com/?p=19198
d0389123_21422835.jpg

とはいえクリスチャン新聞は、「クリスチャントゥデイさん」の話題に関して「異端・カルト」のタグ付けはやめたほうがいい、と思いますね。
そのタグ付けこそが問題のはずですから。

[PR]
by sinso_christianto | 2018-06-01 21:50 | 評論(クリスチャントゥデイ裁判) | Comments(0)